概要

設置者

足立区(以下足立区のサイト内で掲載)

大谷田障がい福祉施設
運営者社会福祉法人 あいのわ福祉会
設立2016年(平成28年)4月1日
施設の種別共同生活援助(外部サービス利用型)
定員5名
所在地〒120-0001 東京都足立区大谷田1-44-3
電話/FAX03-3629-2286(代) / 03-3605-7037

運営方針

足立区大谷田ホームの理念:一人ひとりの個性を発見し、地域で暮らすための、生活していく力を身につける。

自立生活支援は、日常の暮らしにおける全ての要素を含みます。

居室の清掃や家事支援全て、食事、入浴等の具体的な身辺支援、金銭管理支援などのサポート、心理的な援助・支援から、時として人生の相談まで広範多岐にわたり、且つ、生活支援の中で支援者が新たに気づいたことも全て支援業務に組み込まれてくるという独特の構造を持っています。

ホームの業務には、入居者の日常生活のサポートが含まれています。このことは、支援者の生活観が問われる性質のものであり、気づかなければそれだけの生活に終わってしまうという危険性も含まれています。

支援者の生活観、暮らしに対するセンスに左右されることになります。

このような意味から、ホームの業務は常に生活のあり方に鋭く気づき、絶えず業務を発見することが大切になります。

私たちは、一つ一つの業務を日常の中で丁寧に分析し、基本理念と突き合わせることで構築していきます。

地域の中の社会資源である福祉施設として、地域・ボランティア等関係各方面との連携に努め、相互理解と交流を通して地域福祉の充実に貢献します。

私たちが利用者支援で心がけること

  • 一人ひとりの生活(背景)を大切にして、ホームの生活を一緒に考えます。
  • 相互理解を深め、みんなで協力して生活することを大切にします。
  • 一人ひとりの生活を見つめ、その人にあった社会資源を活用して、その人らしい生活を一緒に考えます。
  • 入居者の日々の変化に気づき、より良い相談相手として一緒に考えます。
  • 入居者と一緒にご近所付合いを深め、地域とのふれあいを大切にします。

支援目標

サービスの中で最も重要な課題は、利用者の方自身の主体的な「ケアマネジメント」ということになります。利用者の個性に合わせたケアプランを、利用者の方と共に作成し援助します。

プランの視点は、利用者の方の人生に対して、ある一定の期間、サービスの提供者としてプランを共有し、共に実現することを目指します。

個々の支援対応だけではなく、生活基盤としてのホームの集団生活の中の利用者の方の自主的運営や活動を支援します。

組織

2016年4月1日 現在 サービス管理責任者:1名 世話人:常勤1名・非常勤5名